3403031

青じそレシピ 水なしりんご酢で作る材料2つの青紫蘇ジュースの作り方を紹介

お庭でたくさん、採れた紫蘇の使いみちに困っていませんか?

今日の記事では、材料2つで出来る青じそジュースの作り方のレシピを紹介します。

紫蘇ジュースといえばきれいな赤色の赤紫蘇が定番ですが、我が家の裏庭に繁殖しているのは青じそだったので、今回は青じそで作ってみました。

暑い夏やバテそうな季節に紫蘇ジュースを飲むと、すっかりした気分になりますよ。

せひ、家庭菜園に紫蘇がたくさんある時は作ってみてくださいね。

では、早速作り方にいってみましょう。

青しそジュースの材料は2つだけ

材料

  • 青じそ 160g
  • りんご酢 600cc (紫蘇の4倍くらい)

青じそジュースの作り方

1.まず、庭から採ってきた紫蘇の硬い茎の部分を切ります

流水で土や汚れなどを洗い流しましょう。

2.量を測ります。

我が家の場合 166gありました。

材料は覚えていますか?

青じそと、りんご酢のみです。

始め450ccで測りましたが、量が少ない気がして150cc足して600ccにしました。

(なので、写真は450CCになっています。)

3.リンゴ酢の量を測りますが、だいたい4倍くらいの量にしました。

(ここは薄め、濃いめで作りたいのかにより、お好みでアレンジしてください。)

4.りんご酢を鍋に入れ弱火にかけます。

5.泡がブクブクしてきたら紫蘇も追加します。

弱火で10分くらい火にかけます。

6.色が青色の葉から茶色っぽい色へと変わってきますので、そしたら火をとめてください。

7.最後にザルで越します。

8.ギューっととスプーンやヘラで押しながら、紫蘇のエキスを残さずにとりだします。

9.出来上がり

煮沸消毒した、瓶の中に入れて日付をかいて冷蔵庫の中で保存します。

紫蘇は千切りにして、そのまま食べれます。

りんご酢の味がついているので、漬物みたいな味と感触でした。

飲む時は、はちみつ大さじ1、青じそジュースを大さじ1に水を足して飲みます。

お好みで、炭酸やお酒で割っても美味しく頂けると思います。

今回のレシピは砂糖を入れたくなかったので、砂糖なし、水を入れると日持ちしないので、水を入れずにお酢のみでつくりました。

スポンサーリンク

原液なので、飲み物としてだけではなく、ドレッシングにしたりピクルスを作るときの液をとしてなども使うことができます。

青しそとリンゴ酢の栄養や効果

水や炭酸水に薄めたものを飲み、1日大さじ2杯くらいまでに留めておきましょう。

酢を飲みすぎると、歯や胃に負担をかけてしまいますので、くれぐれも美味しいからといって飲みすぎには注意しましょう。

私の場合は、コップに大さじ1杯 はちみつ大さじ1杯 水で5杯以上に薄めて飲んでいます。

MEMO

お酢をストレートで飲むと酸が強すぎて歯や胃を痛めてしまう原因になりますので、必ず薄めて飲んでくださいね。

酸っぱい、酸がきついと感じる場合は、はちみつを入れると酸味が少し和らぎマイルドになり、飲みやすくなりますよ。

また、飲むときには、食事をする前に飲むのがおすすめ!お酢の効果で食欲を抑えてくれますので、ダイエットにもなります。

注意点としては、寝る前に飲むのは、酸で歯を痛めてしまう原因になるといけないのでやめておきましょう。

青じそは夏バテ防止にも良い

青じそはBカロチンが豊富に含まれているので夏バテの季節には積極的にとりましょう。

青じそにはBカロチンが含まれており、Bカロチンは、体内でビタミンAに変わって皮膚や粘膜を強くしてくれます。

例えば、暑い夏、日焼けやシミが心配になりますよね。

青じそには美肌効果があり、こういった紫外線のダメージから皮膚の細胞を守ってくれる役割があるので、アンチエイジングにもぴったりですよ。

また、がん、動脈硬化や、心筋梗塞などの病気の予防にもなります。

青じそにはびっくりの殺菌作用もある

takedahrs / Pixabay

青じそには、抗酸化作用のあるビタミンEやビタミンKを始めとするビタミンも豊富で、殺菌作用もあります。

例えば、刺身を食べる時に紫蘇がツマで使われていることがありますよね。

生魚と一緒に紫蘇を食べることにより、生魚の臭みをとる役割と食中毒の予防の役割があるんです。

青じその香りの成分はポリフェノール

青じそを触ると、何とも言えない紫蘇の爽やかな香りがしますよね。

香りの成分は『ペリルアルべヒト』と言って、ポリフェノールの成分です。

この匂いは食欲増進効果もあります。

暑くて、食欲がない時、そうめんに紫蘇や生姜を添えたらズルズルと麺を頂き、気づいたら全部きれいに完食してたと言う経験はありませんか?

それは、この香りがもたらしてくれる食欲増進効果によってなんですね。

なので、食欲ない時は紫蘇の香りを嗅ぎましょう。

紫蘇がなーいという時は紫蘇の種は楽天市場からも購入することができますよー

<< 紫蘇の種はこちら 楽天市場>> 

りんご酢の効果も驚き

りんご酢に入っているビタミンCとクエン酸には、美肌効果があります。

私は一時期、りんご酢を薄めたのを化粧水代わりにしていました。

(今、思い出しました。)

また、血糖値をコントロールすることができるので糖尿病の予防にもなりますよ。

私の住んでいるオーストラリアを始め、海外では、『アップルサイダーダイエット』と言ってアップルサイダーを飲むダイエットをしてる方がたくさんいます。

クエン酸は、脂肪の燃焼を助けてくれ、アミノ酸は脂肪を分解してくれるので、このような理由からアップルサイダーはダイエットにも効くと言われています。

青じそジュースの作り方のまとめ

  • 青じそとリンゴ酢を弱火でかけるだけで簡単のジュースが作れる。
  • 青じそには、夏バテにも良し
  • 殺菌効果があるので、お料理のつけあわせなどにつけると食中毒の防止にもなる
  • 食欲がないときは青じその香りを利用しよう。
  • リンゴ酢は、美肌効果や血糖値をコントロールしてくれるすぐれもの、
  • ただし飲みすぎは良くない

青じそと、りんご酢が凝縮された青じそジュースは、夏の暑い時にはぴったりの飲み物です。

青じそがおうちにたくさん生えている時は、ぜひつくってみてくださいね。

もちろん飲み物としてだけではなく、ドレッシングや漬物をつける時にも使うことができますよ。

家庭菜園で沢山とれた紫蘇の保存方法の記事はこちらから

↓   ↓   ↓

青じその大量消費のレシピはこちらをクリックしてくださいね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。