3403031

ママのジーンズをリメイク かわいい子ども用エプロンの作り方を紹介

こんにちは

地球に優しい暮らしにチャレンジ中のまき先生です。

破けたしまったジーンズ

けっこう履き込んだからボロボロになってしまった。

でも、何だかまだ捨てるのは名残惜しい

そんな時は履けなくなったジーンズをリメイクして、お子さん用のエプロンを作ってみませんか?

この記事で分かること
  • ジーンズのリメイクアイデア
  • 捨てるはずだったジーンズを可愛いエプロンに変身する方法

お家にボタンや使っていないアクセサリーがあれば、それをつけてもいいですよ。

お子さんにどんなデザインが好きなのか聞きながら、作ると世界に一枚しかない あなたとお子さんだけのオリジナルになりますよ。

ぜひ、お子さんの意見をとりながら一緒に作ってみて下さいね♡

ジーンズリメイク 子ども用エプロンを作るのに必要な材料

  • 履けなくなった大人用のジーンズ
  • 針と糸
  • はさみ
  • 紐 1本(首用)
  • ベルト、もしくは紐や布(腰用)
  • 飾り用のレースやボタンなど、

布でお子さんに絵を書いてもらっても可愛いよね。


日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

ミシンが得意ならミシンの方が早いです。

ミシンがお家にない場合はもちろん手縫いでも出来ます。

今回私は、ミシンを使わず手縫いでしましたので、この記事では手縫いでの作り方ですが、作り方の工程はミシンも同じですので、手縫いと同じように進めてくださいね。

ジーンズでリメイク 子ども用のエプロンの作り方の手順

1、履けなくなったジーンズを床におきます。

2、上からだいだい25センチくらいのところから、バッサリとまっすぐに切ります。

注意

ウエスト部分はリメイクアクセサリーを作るのに既に切り取っていますので、ありません。

そちらのリメイクはこちらにあるので気になる方は、アクセサリーも一緒に作ってみて下さいね。

↓  ↓   ↓

関連記事

ジーンズのリメイクアイデア、女の子が喜ぶチョーカーに大変身

切るとこんな感じになりますね。(写真下 ↓)

片方の足がなくなりましたね。

今回はこの切り取った布の部分を使います。

3、切った布を開きます。

裾の部分が、エプロンの胸の上にくる部分になります。

要はさかさまにする。

4、裾の部分をお子さんの脇にあわせて切ります。

8歳の娘の場合は左から2センチくらいの箇所で切りました。

5、切ったものを再度広げてください。

なんとなくエプロンの形になってきたのが分かりますか?

6、破けたところが気になるようなら、まつり縫いをしていきます。

(破れているのも味があっていいじゃないと思う方は、この工程は飛ばして下さいね。

7、首につけるエプロンの紐をお子さんの首の太さに合わせて切ります。

(私の場合はだいだい30センチくらいのところで切り、結べるようにしました。

スポンサーリンク

私はこの過程が6番と逆になっていました。どちらが先でも大丈夫ですっ

年齢が小さいお子さんの場合は、ゴムにして、結ばなくても、そのまま、被れるようにしてあげた方が、自分でエプロンを身に着ける練習にもなるかと思いますよ。

8、お子さんに意見を聞いて、飾りをつけていきます。

ジーンズのおしり部分についているポケットを切り取りエプロンにつけるのも可愛いよ。

9、ベルト部分の残りをここに再利用して使いました。

(ここの過程はめんどくさい場合は飛ばしてもオッケー)

ウエスト半分は関連記事にも書きましたが、チョーカーにしました。

10、最後に腰の部分につける紐をつけて完成です。

縫い付ける予定でしたが、娘が飾り用につけたベルト通しに紐を通したので、そのままで使用することに。

 

完成形はこんな感じになります。

娘につけてもらうとすっかりモデルポーズ(笑)

どこで覚えたのか視線を敢えて外す、、、、

もう一度 分かりやすく写真をのせますね。

まず、ジーンズの太もも部分からざっくり切る

エプロンになる部分は、片足の太ももから下の布

エプロンが逆さまになったイメージですね。

開くと、もっと変わりやすいかな。

絵を描く場所の近くにかけて置くと、すぐに使えるので便利ですね。

これで、服に絵具がつくたび、[とれないー]と怒る必要がなくなりますよ。

お子さんも思う存分、お絵かきが出来ますね。

もちろん、お料理用に使ってもオッケー

さあ。まだこんなに残っています。

次は何を作ろうかとワクワクしております。

では、また、決めたらアップしますので楽しみにしておいて下さいね。

リメイクエプロンのアレンジ色々

パッとどんなアレンジ方法があるか書き出してみましたので、参考にしてみてくださいね。

もちろん、書いてないないものも沢山あるので、あなたのアイデアでどんどん可愛いエプロンに作り上げていって下さいね。

  • めんがくさかったら切りっぱなしでもオッケー!ジーンズって生地が可愛いのでそれだけでも十分
  • 子どもに絵を掻いてもらう
  • 刺繍が得意なら、名前を絵を刺繍で作っても可愛い
  • ボタンや、ビーズをつけてもいいね。

自称 ぶきっちょさんへのアドバイス

縫物が苦手なんですって方は、切りっぱなしでもオッケーだと思います。

完璧に作らなくても、子どもはママが(もしくは、ママと一緒に)作った作品が大好きなはずです。

お家で作るものだし楽しく作るのが一番。

リメイクエプロンの作り方をまとめると

最後にリメイクの工程をまとめてみますと、こんな流れです。

  • 履けなくなったジーンズの片足部分を切る。
  • 逆さまにする
  • 真ん中を切って布地を開く
  • 脇に切り込みを入れる
  • 首にかける紐をつける
  • 腰の紐をつける

以上

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

お家で退屈している、ママとお子さんの時間がエプロン作りで楽しい時間に変わりますように♡

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。