3403031

ジーンズリメイクで小物 お出かけに持って行けるランチョンマットの作り方を紹介

こんにちは

地球に優しい暮らしを目指すまき先生です。

今日の記事では履けなくなったジーンズをリメイクして作るランチョンマットの作り方を紹介します。

履けなくなったジーンズただ捨ててしまうと、ゴミになっちゃいますよね。

でも、リメイクしたら、また新しいものに生まれ変わり使うことが出来ます。

とっても可愛いので是非、作ってみて下さいね。

今日の記事はこんな方向け
  • ジーンズをリメイクして小物を作りたい
  • お出かけ用のカトラリー入れを作りたい方
  • ランチョンマットの作り方を知りたい方

ランチョンマット(プレイスマット)を作るのに必要な材料

  • ジーンズのお尻の部分(ポケットあること)
  • 枕カバーもしくは布
  • はさみ
  • ミシン(針と糸)
  • まち針
MEMO

私のジーンズのサイズとあなたが持っているサイズが違うかもしれないので、、布のサイズは切り取ったジーンズの大きさに合わせて同じ大きさに切って下さいね。

ジーンズリメイク 小物編 ランチョンマットの作り方

この記事で使うのはウエストから下で太もも部分辺りまでの布を使います。

↓ ↓ ↓

1.後ろ身ごろだけを使うので、前身ごろと後ろ身ごろを切り離していきます。

ハサミで切ってください。

切り離したら、こんな感じになります。(写真上 ↑  ↑)

注意

前の部分はまた違うものを作るのに、使えるかもしれないので、ポケット部分を切らないように気をつけてください。

内ポケットも切らないように気をつけてください。

切り方としては、結構ギリギリのところをハサミでジョキジョキ切っていきます。

こんな感じで両端とも切っていきます。(写真 上)

切り離した後はこんな感じで2枚のパーツになります。

ジーンズの前にあたる部分とおしりの部分にあたる背後の布と2枚にしてくださいね。

今度は下を真っ直ぐになるように切っていきます。

注意

私はずぼらなので、定規を使わずジョキジョキと切ったので、まっすぐ切れていませんでした。(笑)

私のように失敗しないために、ここは定規を使うかペンでうっすらと書いておくとまっすぐきれいに切れるかと思います。

穴が空いている方は穴を修正しておきます。

私の場合はポケット部分に穴が破けていたので、ジーンズの切れ端でハート型にパッチワークしました。

もし、あなたのジーンズの状態がきれいならこの作業はしなくても良いです。

次にジーンズと同じ大きさのもう一枚の布を用意します。

私は、ちょうど片づけをして断捨離した枕カバーがあったので枕カバーで代用しました。

オーストラリアの枕カバーのサイズ意外とでかかったのですが、日本のサイズだと、もう少し小さいかも知れません。

もし、お家に使いたい布があるようなら、縦、横、ジーンズと同じ大きさに揃えて切って下さいね。

今回は、枕カバーを開いてみると、上の方だけ、さらに布が重なっていたので、こちらの部分は使わないことにしました。

スポンサーリンク

ジーンズ、反対側に使う予定の布(枕カバー)を中表にします。

(縫ったらひっくり返すので中側にジーンズの表がくるようにして下さいね。)

この状態のままミシンで縫っていきます。

ミシンで1番上のベルトがある部分以外の三箇所を縫います。(左端、右端、一番下の三箇所)

(すみません。この工程の写真を撮り忘れました)

縫い終わったら、布をひっくり返します。

こちらはジーンズ側からみた感じ(写真上 ↑)

こちらは枕カバー側からみた感じ(写真上 ↑)

ひっくり返した後、一番上のベルト部分は、ベルト通しを避けながら縫っていきます。

ベルト通しの部分に少しだけ隙間が出来るので気になる方は手でまつり縫いをしてくださいね。

私は気にならない人なので、そのままです。

完成です。

めっちゃ完璧に作りたい方は、ここでアイロンをかけて仕上げて下さい。

その後に、もう一度、ミシンを表からもかけると綺麗に仕上がりますよ。

右側に試しにスプーンとフォークを入れてみました。

左側には、ステンレスのストローを入れました。

小さいお子さんにこのステンレスのストローがあると便利ですよ。

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

持ち運ぶときは、お好みの柄を外側にしてくださいね。

枕カバー側だとこんな感じですが、使う布によって印象が変わります。

こちらは、ジーンズ側を外側にした感じです。

ジーンズでリメイク 小物編のまとめ

ランチョンマット(プレイスマット)と作り方をまとめると、

  • ジーンズのお尻部分側を正方形に切る。
  • 反対側に充てる布を同じ大きさに切る
  • 中表にして両横と、下にミシンをかける。
  • ひっくり返す
  • 一番上のベルト部分をミシンで縫う
  • (ベルト通しは避けて縫う)
  • 最後にベルト通しのとこだけ祭り縫い

お出かけする時にカバンの中に入れておけば、外出先でストローをもらったり使い捨てのお箸やスプーンを貰わなくてすむので環境にも優しい。

もちろん、学校や会社に行く時のランチセットとして、お弁当箱と一緒に入れておけば食べる時に広げればランチョンマットとしても使えるので便利。

可愛いくてインスタ映えするので(多分)いつものお家ご飯も美味しそうに見えること間違いなし。

といいことばかりです。

とにかく持ち運びが出来て、可愛いので作ってみてくださいね。

ジーンズのリメイクは他の記事でも紹介していますので、気になる方はこちらも,チェックしてみてくださいね。

ママのジーンズをリメイク かわいい子ども用エプロンの作り方を紹介 デニムのリメイク 女の子が喜ぶ4ステップ手作りチョーカーの作り方を紹介

最後に

ミシンが無いとか、出来れば縫い物したくないーくないって方は、切りっぱなしでも良し、裏がなくても良いんじゃない?

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。